「サウンドユニット」の“チョイスのキモ”を徹底解析! Part2・プロセッサー編 その8 パワーアンプ内蔵DSPについて V | Push on! Mycar-life

「サウンドユニット」の“チョイスのキモ”を徹底解析! Part2・プロセッサー編 その8 パワーアンプ内蔵DSPについて V

カーオーディオ特集記事
JLオーディオ・VXiシリーズ
JLオーディオ・VXiシリーズ全 1 枚拡大写真

どのような趣味であれ、“モノ選び”は楽しみどころの1つとなる。カーオーディオでもそれは同様だ。当コーナーではそこのところを一層楽しんでいただくべく、製品選びの参考となる情報をさまざま提供しようと試みている。

現在は「プロセッサー」をテーマにお贈りしている。今回も前回に引き続き、注目すべき「パワーアンプ内蔵DSP」を1機種ピックアップし、その特長を解説していく。

さて当回で取り上げるのは、“JLオーディオ”の『VXiシリーズ』だ。なお当シリーズは、至ってスペシャルなシリーズだ。スペシャルであるその心は、「高性能であることを特長としているから」だ。多くの「パワーアンプ内蔵DSP」は、“手軽さ”をアイデンティティとしているが、当シリーズはそうではないのだ。

というのも当シリーズは、“JLオーディオ”のフラッグシップ・パワーアンプだ。つまり、機能的な主体はあくまでもパワーアンプ。そしてしかもハイエンド。それにDSPも内蔵されている、というモデル群なのである。

そう聞くと、DSPが“オマケ”的なもののように感じられるかもしれないが、その見方は誤りだ。搭載されているDSPも十二分に高性能。ハイエンドDSPと呼ぶに相応しい能力が備えられている。

ところで“JLオーディオ”は、パワーアンプの製品展開が幅広いブランドとしても知られている。グレード展開も幅広いが、それと同時に、各シリーズごとのラインナップが豊富だ。“ch数違い”が多彩に用意されているのだ。

つまり“JLオーディオ”は、「効率的にシステムを組めること」を重視しているブランドなのだ。スピーカーレイアウトが複雑化しても、パワーアンプの台数が最少ですむように、多chモデルをさまざま用意している。

この『VXiシリーズ』は、そのコンセプトが極まったシリーズとなっている。DSPまでも一体化させ、一層効率的に高品位なシステムを組めるようにした、というわけなのだ。

シリーズは、計8機種で構成されている。内訳は以下のとおりだ。1chモデルが2機種、2chモデルが1機種、4chモデルが1機種、5chモデルが2機種、そして6chモデルと8chモデルが1機種ずつ。ラインナップの半数が5chモデル以上というところがなんとも“JLオーディオ”らしい。スピーカーレイアウトを決めたら、それをドライブするのに最適なモデルを1台選べば、システムを完成できるのだ。

本格的なハイエンドシステムを効率的に構築したいと思ったら、『VXiシリーズ』にご注目を。

さて次回からは、「単体DSP」のトレンド解説を開始する。乞うご期待!

《太田祥三》

この記事の写真

/

特集