台風の直撃を免れ『ACG2017 in 九州』無事開催! 傑作車両リポート Part 2 | Push on! Mycar-life

台風の直撃を免れ『ACG2017 in 九州』無事開催! 傑作車両リポート Part 2

カーオーディオ 特集記事

台風の直撃を免れ『ACG2017 in 九州』無事開催! 傑作車両リポート Part 2
台風の直撃を免れ『ACG2017 in 九州』無事開催! 傑作車両リポート Part 2 全 29 枚 拡大写真
9月17日、福岡県福津市「恋の浦ガーデン」にて開催された、『ACG2017 in 九州』のリポートの後編をお届けする。今回は、当サイトの登録店からエントリーした以下の5台について、それぞれのシステムやカスタムコンセプト等をじっくりと紹介していく。

スバル・インプレッサ(オーナー/ピュアラバ大地さん)by ワープス

スバル・インプレッサ(オーナー/ピュアラバ大地さん)by ワープススバル・インプレッサ(オーナー/ピュアラバ大地さん)by ワープススバル・インプレッサ(オーナー/ピュアラバ大地さん)by ワープススバル・インプレッサ(オーナー/ピュアラバ大地さん)by ワープススバル・インプレッサ(オーナー/ピュアラバ大地さん)by ワープス
ピュアラバ大地さんはインプレッサで参戦した。1年前からオーディオを組み始め、完成したのは今年の8月。なお、このインプレッサはオーナーにとっての初めてのオーディオカーだ。友達の影響でカーオーディオに興味を持ったことが製作のきっかけだという。「好きな音楽を気持ち良い音で聴きながらドライブできること」がカーオーディオの面白さであり、かつ、「仲間とわいわいイベントに参加することも楽しみ」とのことだ。搭載システムは以下のとおり。カロッツェリアのAVヘッドをコントロールユニットとして活用し、パワーアンプにはポークオーディオをチョイス。そして、スピーカー群をロックフォードで固めている。将来的には、DSPの追加やパワーアンプの換装を行いたい、とのことだった。

トヨタ・タンドラ(オーナー/山口達也さん)by ブレインチャイルド

トヨタ・タンドラ(オーナー/山口達也さん)by ブレインチャイルドトヨタ・タンドラ(オーナー/山口達也さん)by ブレインチャイルドトヨタ・タンドラ(オーナー/山口達也さん)by ブレインチャイルドトヨタ・タンドラ(オーナー/山口達也さん)by ブレインチャイルドトヨタ・タンドラ(オーナー/山口達也さん)by ブレインチャイルドトヨタ・タンドラ(オーナー/山口達也さん)by ブレインチャイルド
山口さんは、今年の2月に完成したというタンドラで参加した。なお、このタンドラは、山口さんにとっての最初のオーディオカー。「音楽が好きで、前々から興味を持っていた」とのことで、クルマを購入したショップにブレインチャイルドを紹介してもらい、オーディオ搭載に踏み切った。「純正のルックスを崩すことなく、敢えてシンプルに各ユニットをセットしている」ということなのだが、迫力は満点。荷台にもバッチリ、ウーファーボックスを組み込んである。システムは、カロッツェリアのサイバーナビをメインユニットとして使用し、以下はすべてヴァイブオーディオで統一。パワーアンプは計3台搭載している。ちなみに当車は、BBQ等をするときに“音響マシン”としても活躍している。

スズキ・ワゴンRスティングレー(オーナー/添田幸代さん)by 施音人工房

スズキ・ワゴンRスティングレー(オーナー/添田幸代さん)by 施音人工房スズキ・ワゴンRスティングレー(オーナー/添田幸代さん)by 施音人工房スズキ・ワゴンRスティングレー(オーナー/添田幸代さん)by 施音人工房スズキ・ワゴンRスティングレー(オーナー/添田幸代さん)by 施音人工房スズキ・ワゴンRスティングレー(オーナー/添田幸代さん)by 施音人工房
4年前から手を掛け始めたというワゴンRスティングレーで参加した添田さん。知り合いのオーディオカーを聴いて興味を持ち、愛車へのシステム搭載を決意して今に至っている、とのことだ。使用ユニット構成は以下のとおり。メインユニットはダイヤトーン サウンドナビ、パワーアンプにはMTXオーディオの4chモデルとモノchモデルを1台ずつ採用し、フロントスピーカー & サブウーファーもMTXオーディオで統一している。「MTXはライブ音源を心地良く鳴らせる」という理由でのチョイスだ。「楽器の音をしっかり聴きたい」とのことで、「今後はデッドニングを煮詰める等々、さらなる音質アップにも取り組みたい」とも話してくれた。普段は、バンド系のサウンドを中心に楽しんでいる。

トヨタ・86(オーナー/加瀬匡章さん)by サウンドウェーブ

トヨタ・86(オーナー/加瀬匡章さん)by サウンドウェーブトヨタ・86(オーナー/加瀬匡章さん)by サウンドウェーブトヨタ・86(オーナー/加瀬匡章さん)by サウンドウェーブトヨタ・86(オーナー/加瀬匡章さん)by サウンドウェーブトヨタ・86(オーナー/加瀬匡章さん)by サウンドウェーブトヨタ・86(オーナー/加瀬匡章さん)by サウンドウェーブトヨタ・86(オーナー/加瀬匡章さん)by サウンドウェーブ
関東から遠路はるばる参戦したトヨタ・86の加瀬さん。“全戦参加”のための最難関を突破した。有名車である86は、スパルタンなカスタムが特長。ブラックを基調にシルバーとレッドを効果的に使用して、独特の世界観を表現している。使用ユニットは以下のとおり。メインユニットがカロッツェリアのサイバーナビ、プロセッサーがアルパイン、そしてそれ以外をロックフォード・フォズゲートで統一している。パワーアンプにはパワーシリーズのモデルが5台採用され、ドアにはパンチプロの10インチとブレッドツィーターを果敢にセット。Aピラーには室内で聴くとき用のツィーターも搭載する。トランクにもパンチプロのスピーカーを積み込み、ギャラリーにパワフルでクリアなサウンドをデリバリーする。

ホンダ・オデッセイ(オーナー/山下和紀さん)by カスタマイズファクトリーナックス

ホンダ・オデッセイ(オーナー/山下和紀さん)by カスタマイズファクトリーナックスホンダ・オデッセイ(オーナー/山下和紀さん)by カスタマイズファクトリーナックスホンダ・オデッセイ(オーナー/山下和紀さん)by カスタマイズファクトリーナックスホンダ・オデッセイ(オーナー/山下和紀さん)by カスタマイズファクトリーナックスホンダ・オデッセイ(オーナー/山下和紀さん)by カスタマイズファクトリーナックス
関東からの参戦を果たした山下さん。約3年前に一気に組み上げたというシステムは、以下のようなユニット構成となっている。カロッツェリア・DEH-P01をメインユニット兼プロセッサーとして活用し、パワーアンプはロックフォード×5台(4chモデル×3台、2chモデルとモノchモデルが各1台ずつ)、フロントスピーカーが同・J5、サブウーファーもロックフォードで12インチモデルを2発搭載している。カスタムはシックに大人っぽく仕上げつつ、インパクトは重視。なおこのオデッセイは山下さんにとっての2台目のオーディオカーだ。普段はクラブ系のサウンドを中心的に聴いているとのこと。日常的に良い音を楽しみ、イベントにも積極参加。カーオーディオライフを全方位的に満喫している。

《太田祥三》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集