【アルピナ D3 S】ブランド初のハイブリッド搭載モデル発売[詳細画像] | Push on! Mycar-life

【アルピナ D3 S】ブランド初のハイブリッド搭載モデル発売[詳細画像]

自動車ニュース
アルピナ DS3 S ツーリング(左)、リムジーネ(右)
アルピナ DS3 S ツーリング(左)、リムジーネ(右)全 28 枚拡大写真

2021年2月22日に販売が開始されたアルピナ『DS3 S リムジーネ(セダン)/ツーリング(ワゴン)』は、BMW『3シリーズ(G20/G21)』のディーゼルエンジン搭載車をベースに、エクステリアやエンジン等にチューニングが施された高性能モデル。

全長4720×全幅1825×全高1445mm(ワゴンモデルは全高1470mm)で、ホイールベースは2850mmとなっている。

搭載するのは、4000~4200rpmで最高出力355ps、1750~2750rpmで最大トルク730Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒ディーゼルエンジン。トランスミッションには、ZF社製の8速スピードATを搭載。アルピナ初採用の11psを発生させる48Vマイルドハイブリッドシステムとの組み合わせにより、セダンモデルの0-100km/h加速は4.6秒、ワゴンモデルは4.8秒をマーク。最高巡航速度はセダンモデルが273km/h、ワゴンモデルは270km/hとなっている。WLTP燃費は13.0km/L、CO2排気量は202g/kmと優れた燃費やローエミッションにも重きを置いている。

DS3 Sは、アルピナスポーツサスペンションを採用しハンドリングと軽やかな走りを提供。標準装備として19インチの20スポークアルピナダイナミックホイールに「ALP」の文字が入れられたピレリ「P ZERO」を履く。オプションには20インチのアルピナクラシック鍛造ホイールとそれに合わせた専用P ZEROが設定されている。ブレーキには、フロントに4ピストン固定キャリパーと395mm径ブレーキディスク、リヤにはフローティングキャリパーと345mm径ブレーキディスクを搭載し、優れたストッピングパワーを発揮する。

空力性能に優れたエクステリアを彩る外装色には、限定の「アルピナブルー」や「アルピナグリーン」も用意されている。ヒーター機能を備える専用のステアリングホイールにはラヴァリナレザーが用いられ、ドアシルプレートやシートバックレストなど、内装の随所にはアルピナのエンブレムが付けられる。セダンモデルの荷室容量は480Lで、ワゴンモデルは500~1510L。

アルピナ DS 3リムジーネ(セダン)の価格は1078万円、ツーリング(ワゴン)の価格は+39万円の1117万円となっている。

《滑川寛》

この記事の写真

/

特集