【ホンダ N-ONE 新型】見た目そのままプラットフォーム一新、6MTも 159万9400円から | Push on! Mycar-life

【ホンダ N-ONE 新型】見た目そのままプラットフォーム一新、6MTも 159万9400円から

自動車ニュース
ホンダ N-ONE 新型(Original)
ホンダ N-ONE 新型(Original)全 60 枚拡大写真

ホンダは11月20日より2代目となる新型『N-ONE』を発売する。好評だった外観デザインをほぼそのまま踏襲し、内装やプラットフォームを一新するという斬新なモデルチェンジをおこなった。先進安全装備を充実させ、6MTを採用するモデルも設定。価格は159万9400円から。

N-ONEは1960年代にヒットしたホンダの代表車種『N360』の魂を受け継いだモデル。レトロ感あふれる親しみやすいフロントマスクや、ホンダらしい素性の良い走行性能から、多くのファンを生み出している。新型は『N-BOX』をはじめとするNシリーズ共通のテーマ「Nのある豊かな生活」をもとに、長く使えて飽きがこない、末長く愛せるクルマをめざした。

外観は「丸・四角・台形」から構成される基本の形はそのままに、軽自動車初のLEDデイタイムランニングランプを搭載し、フロントマスクの個性をより強調。内装は、必要なもの以外を大胆に削ぎ落とし、ホンダのクルマづくりの基本理念「M・M思想(マン・マキシマム/メカ・ミニマム思想)」に則り、ミニマルで心地よい空間を実現した。運転席は従来のベンチシートからホールド性の高いセパレートシートとなっている。

最新のプラットフォームを採用したことで先進の安全運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備。6MTモデルでは軽自動車として初めてACC(アダプティブクルーズコントロール)、LKAS(車線維持支援システム)を採用した。

便利機能では「リアシートリマインダー」を軽自動車として初採用。エンジン始動から停止までのリアドア開閉履歴を記録し、リアドアを開閉していた場合にはエンジン停止後に荷物などの置き忘れをメーター内で注意喚起する。

グレードは「オリジナル」「プレミアム」「プレミアムツアラー」「RS」の4種類。RSはターボエンジンに6MTを組み合わせる。FFターボに6MTを組み合わせるのも軽自動車としては初となる。

《宮崎壮人》

この記事の写真

/

特集