car audio newcomer! マツダ アクセラスポーツ(オーナー:中本雅人さん) by  Warps 後編 | Push on! Mycar-life

car audio newcomer! マツダ アクセラスポーツ(オーナー:中本雅人さん) by  Warps 後編

カーオーディオ特集記事
car audio newcomer!  マツダ アクセラスポーツ(オーナー:中本雅人さん) by  Warps 後編
car audio newcomer! マツダ アクセラスポーツ(オーナー:中本雅人さん) by  Warps 後編全 9 枚拡大写真

ラゲッジ・カスタムを完成させた中本さんのアクセラスポーツ。次にターゲットになったのはフロントスピーカーだ。ユニットには仲間のクルマで試聴して気に入ったフォーカルをチョイス。広島県のWarpsでインストールを実施し最良のサウンドを作り上げた。

音とビジュアルによるアピールで
ミーティング会場でも目立つ存在

前編でもお伝えしたとおり、中本さんは愛車のアクセラスポーツの足まわりカスタムなどが一段落したタイミングでラゲッジのオーディオカスタムを開始。エアサスとの融合ワザで作り上げたインストールで、見せる&聴かせるオーディオラックをを完成させる。

「イベントに行くときにも思いっきりラゲッジを開けられるようになりました。外向きにオーディオが鳴らせるのも良いところ、バンバン鳴らしてアピールできるのも良いですね」

デザイン面はもちろん、外向きサウンドでもアピール度をアップしたことで、満足度は高いという。完成間もなくしてナイトスポットでデビューして以来、いくつかのイベントやミーティングに参加してそれを実感しているという。イベントやミーティングで音楽を楽しむにもこの仕様はかなりお気に入りとなった。

「まわりにはあまりオーディオをメインにしてカスタムしている人はいないんです。多くは外装カスタムや足まわりのカスタムが中心です。しかし自分のクルマを見せると“スゴい!”とビックリしてくれるのも気持ち良いです。またミーティングなどで出会った知らない人に“カッコいいねー”と言われるたんですが、カスタムオーディオを作って良かったなと思った瞬間でした。興味を持った何人かはワープスを紹介してオーディオ仲間も作りはじめてます」

すっかり仲間内でもオーディオに詳しいキャラクターとして認知された中本さん。自分のカスタムのレベルアップに加えて、カスタムオーディオの輪を広げる働きかけにも余念が無いようだ。

スピーカー交換でリアルさが倍増
目の前でボーカルが歌う感覚を体験

ラゲッジが完成した中本さん。フロントスピーカーの強化も進めることにした。数あるスピーカーの中で選んだのはコストパフォーマンスに優れたスピーカーとしても定評のあるフォーカルのPS165V1だった。

「ワープスに来ている仲間がこのスピーカーを取り付けていたのを聴かせてもらったんです。すると聴いた瞬間に自分が欲しいのはコレだと思いました。本当に良い音で一発で取り付けるユニットは決まりました」

取り付けはAピラーにツイーターを埋め込む処理を施し、ミッドバスはドアの純正位置にインナー取り付けするスタイル。間もなくして完成した愛車の音を聴いたときの感想を語ってもらった。

「スピーカーのインストールができ上がってすぐにショップに行って聴きました。聴いた瞬間にスゴく良い音だとわかりました。細かな音の隅々まで聴こえてくる感じがとにかく良いんです、ボーカルの息継ぎなどもリアルで、運転席で聴いていてもボーカルが目の前で歌っている感じが伝わってくるんです」

スピーカーの交換によって一気にリアルさを増した車内のサウンド。細かな音のニュアンスをリアルに再現することが特に気に入ったオーナー、ライブ会場の雰囲気を再現する醍醐味を味わって、最近はライブ音源を好んで聴くようになっているという。

オーディオのグレードアップによって
音楽がドライブに不可欠なものになる

フロントスピーカーまでのオーディオが一通り完成したアクセラスポーツ。するとオーナーのオーディオの聴き方が変わってくる。

「オーディオが純正だった頃には音楽はBGMとして聞き流していたんです。しかしオーディオをグレードアップしてからは聴く曲をいちいち選曲して聴いています。聴きたくなったらわざわざ曲を探してでも再生しています。しかも1曲1曲をかなり入念に聴くようになったと思います。音楽を聴くのが楽しくなっています」

良く聴く曲はボーカルものが多いという。幅広い音源を楽しんでいるが洋楽を聴くことが多い。

「オーディオをインストールして、いろいろな曲を聴くようになって好みもわかってきました。自分は比較的はっきりクリアな音が好みだと思ってます。それに合わせて音作りもしてもらっています。たまには低音をボンボン鳴らして聞くこともあります」

そんな愛車だが、まもなく弟に引き継ぐ予定だという。

「これまでもアクセラスポーツのカスタムは弟と2人で進めてきたんです。どんなカスタムをするのかの相談も2人で相談して決めてきました。カスタムに関してはむしろ弟の方が詳しいぐらいです。オーディオの面でも詳しくって、いろいろな曲を知ってて、教えてもらっているほどです。クルマは弟に譲って、自分は別のクルマでカスタムを始める予定です」

兄から弟に引き継がれてもオーディオカスタムはまだまだ続いていく。さらに中本さんは次のクルマでのカスタムオーディオもすでに計画が始まりつつある。カスタムインストールや音の良いスピーカーを経験したオーナーの次なる計画が楽しみだ。

《土田康弘》

この記事の写真

/

特集