VW ゴルフ・ヴァリアント 新型、新開発マイルドハイブリッド搭載…予約受注を欧州で開始 | Push on! Mycar-life

VW ゴルフ・ヴァリアント 新型、新開発マイルドハイブリッド搭載…予約受注を欧州で開始

自動車ニュース
フォルクスワーゲン・ゴルフ・ヴァリアント 新型
フォルクスワーゲン・ゴルフ・ヴァリアント 新型全 16 枚拡大写真

フォルクスワーゲンは9月17日、新型『ゴルフ・ヴァリアント』(Volkswagen Golf Variant)の先行予約受注を欧州で開始した。ドイツ本国でのベース価格は、2万8566ユーロ(約355万円)と発表されている。

ゴルフ・ヴァリアントは、1993年に初代が発売されて以来、全世界でおよそ300万台が販売されており、ゴルフシリーズの主力車種の一部となっている。現在までに、合計5世代のゴルフ ヴァリアントが発売されており、それぞれが各ゴルフ世代のハッチバックバージョンのプラットフォームをベースにしている。ゴルフ ヴァリアントは現在、ドイツ・ヴォルフスブルク工場で生産されており、世界的な需要に応えている。

新開発のマイルドハイブリッド「eTSI」

欧州市場でのエンジンラインナップには、新開発のマイルドハイブリッド、「eTSI」が用意される。同車では、直噴ガソリンターボの「TSI」エンジンを可能な限り休止し、惰性走行して燃費を稼ぎ、CO2排出量を抑える。

すべてのeTSIエンジンは、7速デュアルクラッチの「DSG」と組み合わせる。最初のマイルドハイブリッドとして、「1.0 eTSI」(最大出力110ps)が欧州市場で発売され、他のグレードにもマイルドハイブリッドが拡大展開される予定だ。

最新のクリーンディーゼルも設定

最新のクリーンディーゼルエンジンも設定される。直噴2.0リットル直列4気筒ターボディーゼルの「TDI」エンジンには、最大出力115psと150psの2種類のチューニングが用意される。両バージョンには、「ツインドージング」と呼ばれる2つのSCR 触媒コンバーターを採用する。

ツインドージングでは、「Adblue」を直列に配置した2つのSCR触媒コンバーターの上流から注入する。Adblueは、排ガス中に含まれる窒素酸化物(Nox)を、水と窒素に分解する還元剤の役割を担うアンモニアを含んだ尿素水だ。

ツインドージングを行うには、車両に2つ目のSCR触媒コンバーターを装着することが必要になる。第2の触媒コンバーターの上流の排気温度は、エンジンまでの距離が長いため、およそ100度低くなる。これにより、排気ガスの後処理能力が拡大する。フォルクスワーゲンによると、排気ガス温度がおよそ500度に達するエンジン付近でも、システムは非常に高い変換率を達成できるという。さらに、SCRシステムの下流のブロッキング触媒コンバーターが、過剰なアンモニアスリップを防止する。

このツインドージングプロセスは、ディーゼルエンジンの欠点を補う。ディーゼル燃料はエネルギー密度が高く、燃焼プロセスがより効率的なため、最新のディーゼルエンジンはガソリンエンジンよりもCO2排出量が少ない。ただし、燃料の燃焼には空気が使われるため、ディーゼルエンジンにも特別な要件が適用される。空気の主成分は窒素であり、燃焼中に酸素と反応し、窒素酸化物を生成する。

アンモニアは、ディーゼルエンジンで生成される窒素酸化物を減らすために必要だ。そこでAdBlueを、SCR触媒コンバーターの上流の排気ガスに注入する。溶液は蒸発し、還元剤が分解され、蒸気と結合してアンモニアが生成される。SCR触媒コンバーターでは、アンモニアが窒素酸化物と反応して、無害な水と窒素に分解される。

現行の排ガス処理システムでは、ターボチャージャー、ディーゼル酸化触媒コンバーター、サイレンサーパイプの間に、SCR触媒が配置されている。SCRコーティングは、ディーゼルパティキュレートフィルター(DPF)に使用されており、コールドスタート後でも、適切な排気ガス温度に迅速に到達する。フォルクスワーゲンによると、変換率が90%を超える理想的な温度は、220~350度になるという。

ツインドージングシステムのおかげで、排気ガス温度が350度を超えても、変換率が下がることはないという。 350度レベルの温度は、たとえば、高速道路での長時間走行、エンジンを高回転まで回しての長時間走行、フル積載のトレーラーをけん引して上り坂を走行する時などに到達する。

フォルクスワーゲンによると、新ディーゼルは、窒素酸化物(NOx)排出量を大幅に削減する。さらに、燃費やCO2排出量も改善すると同時に、エンジンのレスポンスも向上しているという。

よりダイナミックになったデザイン

従来型と比較して、新型ゴルフ・ヴァリアントのエクステリアデザインは、より明確でダイナミックになった。フロントエンドは、新型ゴルフとの密接な関連性を示すデザインだ。リアは、ゴルフ ヴァリアント独自デザインとなっており、後方に向かってフラットになるルーフセクションと、クーペのような傾斜したウィンドウを備えている。

新型の全長は4633mm、ホイールベースは2686mmだ。従来型に対して、それぞれ66mm延長している。この66mmの増加により、新型はプロポーションを再構築し、ゴルフ ヴァリアントをより長く、よりフラットに見せるという。ヘッドライトとテールライトには、最新のLEDテクノロジーが採用されている。

最新のデジタルコックピット「Digital Cockpit Pro」

全長とホイールベースの増加は、室内空間にメリットをもたらす。新型ゴルフ・ヴァリアントでは、ホイールベースをインテリア全体にほぼ完全に充当しているため、5名の乗客が快適に過ごせる。室内長は従来型よりも48mm増加して、1798mmに。これにより、足元のスペースは48mm広がった。

ラゲッジスペースは、後席の背もたれの上部まで荷物を積載すると、611リットルの容量を持つ。これは、従来型と比較して6リットル多い。後席を折りたたむと、容量は従来型プラス22リットルの1642リットルに拡大する。新型には、トランクルームネットが装備された。オプションの電動リアトランクリッドは、荷物を両手で抱えている場合、センサー制御のオープナーを使用して、トランクルームを開くことができる。この操作は、リアバンパーの前で足を動かすことによって行う。

新型には、最新のデジタルコックピットの「Digital Cockpit Pro」、8.25インチのタッチスクリーンを備えた「コンポジション・オンライン・インフォテインメントシステム」、オンラインサービスの「We Connect」と「We Connect Plus」、マルチファンクションステアリングホイール、オートエアコンの「Air Care Climatronic」、Bluetooth通話インターフェースなどが採用されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

特集