「サウンドユニット」の“チョイスのキモ”を徹底解析! Part5・ユニットサブウーファー編 その7 “カロッツェリア”研究 | Push on! Mycar-life

「サウンドユニット」の“チョイスのキモ”を徹底解析! Part5・ユニットサブウーファー編 その7 “カロッツェリア”研究

カーオーディオ特集記事
カロッツェリア・TS-W1000RS
カロッツェリア・TS-W1000RS全 2 枚拡大写真

カーオーディオ愛好家、そしてこれからこれを始めたいと思っている方々に向けて、製品選びに役立つ情報を発信している当コーナー。前回からは、ブランドごとの製品ラインナップ紹介を開始した。今回は“カロッツェリア”の2モデルをクローズアップする。

“カロッツェリア”はパワードサブウーファーとコンプリートウーファーボックスをさまざま用意している。価格的にもタイプ的にもバラエティ豊かだ。しかしながら「ユニットサブウーファー」は少数精鋭の展開だ。

ところで“カロッツェリア”は、スピーカーを2系統擁している。1つはハイエンドモデル『RSシリーズ』の系統で、もう1つはハイグレードスピーカー『PRSシリーズ』の系統だ。3グレードあるカスタムフィットスピーカーにおいても、上位機『Vシリーズ』は『RSシリーズ』の系統に属し、『Cシリーズ』と『Fシリーズ』は『PRSシリーズ』のコンセプトを継承している。

「ユニットサブウーファー」もまさしく、1機種が『RSシリーズ』に属する『TS-W1000RS』(税抜価格:12万円)で、もう1つが『PRSシリーズ』に属する『TS-W252PRS』(税抜価格:5万5000円)だ。両機の写真を掲載しているのでフォルムを見比べていただきたい。ルックスからしてそれぞれが独自のアプローチで設計されていることがよく分かるはずだ。

フォルムのみならず、各所の素材や構造にも違いがさまざまある。例えば振動板素材。『TS-W1000RS』では三層構造のクロスカーボン振動板が採用されていて、『TS-W252PRS』では同じく三層構造ながらも、こちらではアラミド繊維、発泡PP、ガラス繊維が組み合わされている。

なお、口径はともに25cmだ。やはり一般的な16cm~17cmクラスのミッドウーファーとの相性は、25cmが最適という判断のもとだろう。

ちなみに両機ともロングセラーモデルだ。『TS-W252PRS』は2010年の夏に発売されていて、『TS-W1000RS』の方は2011年の秋にリリースされている。どちらも今でも多くのカーオーディオファンに使われ続けている。

フロントスピーカーに“カロッツェリア”のスピーカーを使用している方はもちろん、安心して使えるHi-Fi「ユニットサブウーファー」を探しているのなら、これら2モデルにも要注目。

《太田祥三》

この記事の写真

/

特集