BMW 4シリーズ 新型、5ドア「グランクーペ」設定が確実に…「M4」は出るか | Push on! Mycar-life

BMW 4シリーズ 新型、5ドア「グランクーペ」設定が確実に…「M4」は出るか

自動車スクープ
BMW 4シリーズ グランクーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
BMW 4シリーズ グランクーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)全 13 枚拡大写真

BMWが現在開発中の『4シリーズ』新型に、5ドアバージョンとなる『4シリーズ グランクーペ』が設定されることが確実となった。その市販型プロトタイプが初めてニュルブルクリンクでの高速テストを開始した。『M4グランクーペ』の登場も期待される。

4シリーズ グランクーペは、EVサルーン『i4』と「CLAR」プラットフォームを共有、酷似したスタイリングとなる。大きな違いは、i4はエンジン冷却を必要としないため閉鎖されたグリルが装着され、エキゾーストシステムを持たない点だろう。また4シリーズ新型では、「ビーバーの歯」となぞられる巨大キドニーグリルの装備が確実となっているが、グランクーペにも装着されるのは間違いない。

キャビン内は『3シリーズ』からデザインを継承、12.3インチのデジタルクラスタ、10.25インチのインフォテイメントシステムなどが配置される。

パワートレインは、1.5リットル直列3気筒ターボエンジン、最高出力258psを発揮する新開発の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ、2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボ、最高出力388ps、最大トルク500Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボエンジンのほか、プラグインハイブリッドも予想されている。

さらに3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンを搭載する『M4グランクーペ』の初設定が噂されており、最高出力500ps以上、最大トルク598Nmを発揮すると思われる。

BMWは6月にも2ドアの4シリーズクーペを公開予定で、グランクーペは最速でも2020年内、あるいは2021年と予想される。

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

特集