カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! PORSCHE CAYENNE(オーナー:中溝一馬さん) by  custom&car Audio PARADA 後編 | Push on! Mycar-life

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! PORSCHE CAYENNE(オーナー:中溝一馬さん) by  custom&car Audio PARADA 後編

カーオーディオ特集記事
カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! PORSCHE CAYENNE(オーナー:中溝一馬さん) by  custom&car Audio PARADA 後編
カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! PORSCHE CAYENNE(オーナー:中溝一馬さん) by  custom&car Audio PARADA 後編全 9 枚拡大写真

モレルサウンドが好みの中溝さん、フロントスピーカーにはモレルの3ウェイをチョイス。ドアパネルのアウター加工やAピラー加工はカイエンのインテリアを尊重した上質なテイスト。福井県のcustom&car Audio PARADAならではのクオリティの高さが光る。

純正のフォルムを生かした
アウターバッフルの形状に注目

カイエンに好きなサウンドとインテリアデザインを取り入れることを目指したオーナーの中溝さん。満足いく完成度に仕上がった。

カイエンに好きなサウンドとインテリアデザインを取り入れることを目指したオーナーの中溝さん。満足いく完成度に仕上がった。

上質なカイエンのインテリアを崩すこと無くフロント3ウェイをインストールしたコクピット。

上質なカイエンのインテリアを崩すこと無くフロント3ウェイをインストールしたコクピット。

ドア加工はコクピットのクライマックスのひとつ。純正デザインを生かしつつモレル・イレイトのミッドバスをスマートにインストール。

ドア加工はコクピットのクライマックスのひとつ。純正デザインを生かしつつモレル・イレイトのミッドバスをスマートにインストール。

モレルのサウンドが好みで、同じく大好きなモスコニのパワーアンプとの組み合わせでシステムを構築したオーナーの中溝さん。すでにオーディオコンペでも実績を出しているクルマで、その高音質ぶりは高く評価されている車両でもあるのだ。

さらにデザイン面での見どころも多いクルマだ。前編で紹介したラゲッジのインストールは、見せる処理を施したデザインで、インテリアの完成度の高さを見せつけていたが、コクピットまわりも負けず劣らずの仕上がりっぷり。

フロントスピーカーに選んだのはモレルの3ウェイ。トゥイーターにはピッコロII、ミッドレンジは38thモデル、そしてミッドバスにはイレイトを組み合わせる鉄壁のコンビネーション。大好きなモレルサウンドを堪能できる渾身のシステムデザインを構築した

インストール面での見どころはドアのミッドバス取り付け。ポルシェ・カイエンの印象的で上質なドアデザインをそのままキープする方向性でカスタム。ドアポケットからスピーカーのバッフル面をつなげている2本のピラー形状はそのまま残しつつ、スピーカー周辺を新たにMDFを使って成形。その上でレザー処理を施すことで基本のフォルムを残しつつ、アウターバッフルをスマートに完成させている。表面には加工の跡を残さないように、裏面からのビス止めを駆使する手の込んだ加工が施された。

2つのユニットを近接取り付けする
Aピラーのデザイン処理も見どころ

Aピラーへのトゥイーター&ミッドレンジのインストールもコクピットのもうひとつの見どころ。デザイン性の高さが感じられる。

Aピラーへのトゥイーター&ミッドレンジのインストールもコクピットのもうひとつの見どころ。デザイン性の高さが感じられる。

モレルのトゥイーターにはピッコロII、ミッドレンジに38thモデルを組み合わせたシステムを採用した。

モレルのトゥイーターにはピッコロII、ミッドレンジに38thモデルを組み合わせたシステムを採用した。

コクピットまわりのもうひとつの見どころはAピラーだ。モレルのトゥイーター&ミッドレンジの2ユニットをギュッと凝縮してインストールしたスタイルが視覚的にもアピール度満点。ピラーの内側に向けてインストールされるのは38thモデルのミッドレンジ、さらにその真横にリスナー方向に向けてインストールされているのはピッコロIIだ。モレルの3ウェイ化ではたびたび用いられるユニットで実績も十分。グリル形状も印象的で、室内のイメージともマッチする上質さだ。

スピーカーユニットをインストールしたAピラーの形状もかなり手が込んでいる。2つのスピーカーユニットを内包するような複雑なデザインが施されている造形は見どころ。トゥイーター取り付けパネルのエグリ込みとミッドレンジ外周を取り囲むラインが違和感なく融合する、かなり高度なデザインが施されているのにも注目。

もちろんサウンド面でも十二分に考え尽くした取り付けスタイルなのは言うまでもないだろう。中高域をピンポイントでインストールすることで、デザイン面&サウンド面での効果を狙っている。

ダイレクターの取り付けにもこだわり
操作性と純正機能を両立させる工夫を込める

ダイレクターをルームミラーの上部にわずかなスペースに取り付け。パネルのデザインなど、工夫の跡が見られるデザイン。

ダイレクターをルームミラーの上部にわずかなスペースに取り付け。パネルのデザインなど、工夫の跡が見られるデザイン。

プレイヤーにはウォークマンをチョイス。コンペにも出場するハイエンドなシステムではすっかり定番となった。

プレイヤーにはウォークマンをチョイス。コンペにも出場するハイエンドなシステムではすっかり定番となった。

自分流を貫いて欲しい音と欲しいデザインを狙い、ショップとの二人三脚でカイエンを完成させたオーナーの中溝さん。

自分流を貫いて欲しい音と欲しいデザインを狙い、ショップとの二人三脚でカイエンを完成させたオーナーの中溝さん。

オーディオプレイヤーはハイエンドなシステムではすっかり定番となっているウォークマンの高級モデルNW-WM1Z。ヘリックスのDSP-PRO MKIIを介するシステムで音源~プロセッサーまでの高音質再生&伝送を可能にしている。ウォークマンはコクピットまわりにホルダーを使って設置するスタイル。曲セレクトをはじめとした操作性もしっかり確保している。

さらにヘリックスのダイレクターはオーバーヘッドにビルトイン設置される。ルームミラーの上のわずかなスペースを使って取り付けているのだが、取り付けパネルを大型化するとミラーに映り込ん視認性を悪化させてしまう。そのため周囲のパネルは極力薄型に設計したのが特徴。ダイレクターの操作性と純正機能をパーフェクトに両立させる細かい部分に気を配った作り込みだ。

質の高いインストールデザイン、各部のカスタム処理を加えた中溝さんのカイエン。狙ったサウンドを手に入れて満足感も最高潮。心地良い余韻を漂わせるサウンドが漂うコクピットで、ゆったり音楽を聴くのはオーナーの至福のひととき。自分が好きな音、自分が好きなデザインにこだわったカイエンが完成した。

《土田康弘》

この記事の写真

/

特集