カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! HONDA ACCORD EURO-R(オーナー・川本隆行さん) by サウンドステーション ジパング 後編 | Push on! Mycar-life

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! HONDA ACCORD EURO-R(オーナー・川本隆行さん) by サウンドステーション ジパング 後編

カーオーディオ特集記事
カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! HONDA ACCORD EURO-R(オーナー・川本隆行さん) by サウンドステーション ジパング 後編
カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! HONDA ACCORD EURO-R(オーナー・川本隆行さん) by サウンドステーション ジパング 後編全 11 枚拡大写真

スポーティなアコード ユーロRに対してヘビーなカスタムを導入したオーナーの川本さん。フロントまわりには高音質自慢のユニット群をチョイスして狙ったサウンドを引き出す。インストールを手がけた鳥取県のサウンドステーション ジパングが高品質なデザインを施した。

カスタムのトランクとは対照的に
コクピットはシックなデザインを施す

スポーティなベースカーにヘビーなオーディオシステムを組み込んだオーナー。狙い通りの極上サウンドが再現された。

スポーティなベースカーにヘビーなオーディオシステムを組み込んだオーナー。狙い通りの極上サウンドが再現された。

コクピットはかなり上質でシックな風合いでコーディネートされている。純正インテリアに溶け込むデザインだ。

コクピットはかなり上質でシックな風合いでコーディネートされている。純正インテリアに溶け込むデザインだ。

ミッドバスはドアにアウターバッフルでインストールされる。ドアの下部を大きく加工して充実のスピーカー取り付けを実施した。

ミッドバスはドアにアウターバッフルでインストールされる。ドアの下部を大きく加工して充実のスピーカー取り付けを実施した。

アコード ユーロRのトランクルームに、すべてのユニットを見せるインストールデザインを施したオーナーの川本さん。詳細については前編で紹介しているが、レベルの高いカスタムインストールを施したのが印象的だ。対してコクピットには上質なサウンドを再生するためのクオリティの高い取り付けを実施したのが特徴となった。

フロントスピーカーとして選んだのはモレルのスプリーモとミッドレンジにCDM880を組み合わせたフロント3ウェイ。人気のスピーカーユニットを使って、極上サウンドを再現するのが狙いとなった。

ドアにはスプリーモのミッドバスをアウターバッフルでインストール。ドアの下部を広く使ってスピーカー取り付け面を加工。確実なスピーカー取り付けでスピーカーの持つポテンシャルを存分に引き出すインストールを実施しているのが見て取れる。スピーカー周辺にはグレーの人工スエードを使ったバッフル面をデザインし、スプリーモのミッドバスが映える処理としているのも見どころ。

ミッドレンジのビルトインなど
コクピット周辺の加工には見どころ満載

Aピラーにはモレルのトゥイーターをインストール。純正グリルを使ったデザインも秀逸。

Aピラーにはモレルのトゥイーターをインストール。純正グリルを使ったデザインも秀逸。

Aピラーはライトグレーの人工スエードでフィニッシュ。角度付けされたトゥイーターでサウンドをコントロールする。

Aピラーはライトグレーの人工スエードでフィニッシュ。角度付けされたトゥイーターでサウンドをコントロールする。

ミッドレンジはドア上部にビルトインされる。ドアの内張りデザインと違和感ない作りで完成度も高い。

ミッドレンジはドア上部にビルトインされる。ドアの内張りデザインと違和感ない作りで完成度も高い。

ドアハンドルとドア前端との間のスペースにうまく取り付けたミッドレンジ。デザイン的にもまとまりの良いスタイルとなった。

ドアハンドルとドア前端との間のスペースにうまく取り付けたミッドレンジ。デザイン的にもまとまりの良いスタイルとなった。

フロント3ウェイを構築したこのクルマ、インストール面での見どころとなるポイントのひとつがミッドレンジだ。ユニットにはモレルのCDM880をチョイスするが、取り付けた場所は純正ドアの上部。ドアハンドルとドア前端とのわずかな隙間にピタリと収めているのが見事。しかも純正ドアパネル面のラインを崩すこと無く、絶妙のデザインでミッドレンジを美しく収めているのに注目したい。しかも純正グリルを使ってプロテクションも万全。デザイン的にもインテリアに溶け込み、スマートなドア加工となった。

またツイーターはAピラーへのビルトイン加工が施されている。こちらもモレルの大きめのツイーターグリルを見事に収める加工処理が美しい。大きく角度を付けたピラー加工もスマートなデザインで違和感を感じさせない。ライトグレーの人工スエードを使って全面を張り替え処理して、こちらもインテリアとの融合を計った。

DSP操作部はコンソールを加工し
使いやすく見やすい位置に設置

サブウーファーはトランクスルーブから振動板をのぞかせるスタイル。ライティングを使ったショーアップも施される。

サブウーファーはトランクスルーブから振動板をのぞかせるスタイル。ライティングを使ったショーアップも施される。

オーディオプレイヤーとして用いるのはウォークマン。高音質DAPとして多くのユーザーが車内で活用するユニットだ。

オーディオプレイヤーとして用いるのはウォークマン。高音質DAPとして多くのユーザーが車内で活用するユニットだ。

DSPにはヘリックスのDSP-PRO Mk2をチョイス。操作部はセンターコンソール下部のスペースにビルトインする。

DSPにはヘリックスのDSP-PRO Mk2をチョイス。操作部はセンターコンソール下部のスペースにビルトインする。

トランクルームの前方ウォールに見えていたサブウーファーのエンクロージャー。わずかにマグネット面が見えていたパイオニアのサブウーファーであるTS-W1000RSはトランクスルー部からキャビン内に振動板をのぞかせている。リアシートのアームレストをたたんでユニットを露出させるとイルミに照らし出された振動板がショーアップされるという仕組み。トランクのカスタム色がキャビン側にも影響を及ぼしている部分と言えるだろう。

ソースユニットとして用いるのはウォークマンNW-WM1A。定番のDAPをヘリックスのDSP-PRO Mk2を介してシステムに取り入れている。DSPの操作部であるコマンダーはセンターコンソール下部のスペースを加工してビルトイン。ドライバーがすっと手を伸ばせば操作できる位置であることから操作性、視認性ともに良好な使い勝手を十分に考えたインストールである点にも注目したい。

モレルのサウンドを存分に引き出すことを狙った取り付け、調整を施したこのクルマ。純正インテリアに溶け込むスマートなデザインを心がけ、トランクルームとは異なる方向性のシックなカスタムデザインを完成させた。オーナーの思いがこもったインストールスタイルが完成した。

《土田康弘》

この記事の写真

/

特集