【トヨタ ヤリス 新型】チーフエンジニア「すべての人に走る楽しさを提供したい」 | Push on! Mycar-life

【トヨタ ヤリス 新型】チーフエンジニア「すべての人に走る楽しさを提供したい」

自動車ニュース
トヨタ・ヤリス新型
トヨタ・ヤリス新型全 9 枚拡大写真

トヨタ自動車は10月16日、次期型『ヤリス』を世界初公開した。新開発のプラットフォームを採用するとともにパワーユニットも一新。チーフエンジニアを務める末沢泰謙氏は「すべての人に走る楽しさを提供したい」と語る。

末沢チーフエンジニアは「他のコンパクトカーが大きくなる傾向にある中、ヤリスはあえて小さいことにこだわった。その上でコンパクトならではのキビキビとした軽快なハンドリング。そしてコンパクトを超える上質な乗り心地。小さくて軽くて走りが気持ち良い、ぎゅっと凝縮されているクルマ。それがこのヤリス。その実現のためにも欧州での走り込みと開発へのフィールドを繰り返し実施してきた」と明かす。

次期型ヤリスのパワーユニットは3タイプが用意される。まずは新開発の1.5リットル3気筒ダイナミックフォースエンジンを搭載したガソリンモデル。このモデルには新型CVTおよび6速マニュアルが設定されている。ハイブリッドモデルは、新開発の1.5リットルエンジンに新世代ハイブリッドシステムが組み合わされる。また1リットルガソリンエンジンは改良が加えられ、CVTも小型軽量化している。

このうちハイブリッドモデルについて末沢チーフエンジニアは「システム出力の向上、モーター出力の向上、さらにはバッテリー出力の向上、これらにより動力性能を15%以上向上させたうえ、リニアな加速性能を実現している。車両の軽量化と相まって市街地から高速道路、ワインディングまで気持ち良く走ることができる」と解説。

さらに「新世代ハイブリッドシステムの採用と量販グレードでの50kgの軽量化により、トヨタのハイブリッド車、さらには世界のハイブリッド車の中で、最上レベルとなるWLTC燃費20%以上向上を目標に開発を進めている」とも。

またこのハイブリッドモデルには「コンパクトカーとして初めてハイブリッド車に4WDが追加される」ほか「EV走行可能車速を70km/hから130km/hへ拡大している」という。

安全装備も充実しているのが次期型ヤリスのもうひとつの特徴だ。末沢チーフエンジニアは「クルマサイズにおけるヒエラルキーにとらわれず誰もが乗るコンパクトカーだからこそ」と、その理由を語る。

具体的には「高度駐車支援システム『アドバンスドパーク』をトヨタで初めてヤリスに搭載した。ステアリングだけでなくアクセルとブレーキも制御し、駐車に必要な操作を支援する。さらには事前に駐車位置を登録することで自宅など白線のない駐車場でも使用できる」と解説。

このほか「プリクラッシュセーフティではトヨタ初搭載となる右折時の対向直進車や右左折時の横断歩行者も検知する機能もヤリスから初めて採用した。交差点事故への対応範囲を拡大している」という。

ヤリスは日本市場では1999年の登場以来、『ヴィッツ』の名称で販売してきたが、今回の全面改良を機に海外名称に統一する。日本での販売開始は2020年2月中旬の予定となっている。

《小松哲也》

この記事の写真

/

特集