音質向上のための“もうひと手間”、完全解説! 第4回「簡易チューニングで音質良化!」 | Push on! Mycar-life

音質向上のための“もうひと手間”、完全解説! 第4回「簡易チューニングで音質良化!」

カーオーディオ特集記事
音質向上のための“もうひと手間”、完全解説! 第4回「簡易チューニングで音質良化!」
音質向上のための“もうひと手間”、完全解説! 第4回「簡易チューニングで音質良化!」全 3 枚拡大写真

パワーアンプやDSPといったユニットを追加するのと比べて、より簡単に実践できる音質向上策のいろいろを取り上げている。今回は、お金がまったく掛からない音質向上策をフィーチャーする。それは、「簡易チューニング機能を活用する」というものだ。

一般的なメインユニットには大概搭載されている基本的なチューニング機能や、少々上級なユニットであれば使うことができる便利機能を活用するワザを、1つ1つ解説していく。

簡易的なチューニング機能で“低音増強”を実現!

早速本題に入ろう。まずは、「フェーダー」を使って可能となる“低音増強チューニング”から紹介していく。

「フェーダー」とは前後の音量バランスを調整できる機能だ。なお当機能は、自分1人しか乗車していないときには「10:0」でフロント側に振るのが基本的な設定となる。なぜならば、ステレオ音源は目の前のスピーカーから聴こえてくれば良いからだ。コンサート会場でも自分より後方にスピーカーが置かれることはない。ホームオーディオでも5.1ch等の映像ソフトではなく2chのステレオ音源を聴く際には、リアスピーカーは使われない。

なのだが、クルマの中ではリアスピーカーを「ちょっと鳴らす」と、聴こえ方を良い方向に変えることも可能となる。ズバリ、“低音増強”を実現できるのだ。

操作手順は以下のとおりだ。まずは「10:0」で「フェーダー」をフロント側に振る。その状態で音楽を流しながら徐々に「フェーダー」を後方に振っていこう。そうすると低音の量感が徐々に増えてくる。そしてそこからさらに「フェーダー」を後方に振っていくと今度は、中高音も後ろ側から聴こえてくる。

そうなったら「フェーダー」を前側に戻していこう。そうするとまた、中高音は後ろからは聴こえて来ずに低音だけが増強されて聴こえ、その感じが段々と弱まっていく。そうなったらまた後方に振っていき、中高音が後ろから聴こえてくることなく低音だけがもっとも増強されるポイントを探っていこう。

リアスピーカーを少しだけ鳴らすと、中高音はシート等に遮られ低音だけは聴こえて来る…。

このような操作によって“低音増強”が果たされるメカニズムは、以下のとおりだ。

音は、音程が高くなるほど真っ直ぐに進もうとする性質が強くなり、音の出所が分かりやすくなっていく。逆に音程が低くなるほど真っ直ぐに進もうとする性質は弱くなるが障害物を回り込む性質は強くなる。そして音の出所は分かりにくくなる。

なので「フェーダー」を少々後ろ側に振りリアスピーカーからも音を出したとき、発せられる音量が小さいうちは、中高音はシートにブロックされる等して聴こえてこないのだが、低音だけはシートを回り込んで聴こえてくる。そして低音は音の出所が分かりにくいので、フロントスピーカーから聴こえてくる中高音につられて前から聴こえてくる。このようにして、“低音増強”が成されるのだ。

なおこのチューニングテクニックは、リアスピーカーの取り付け位置によっては上手く効果を発揮できないこともある。なのでトライしても上手くいかないときには「10:0」に戻した方が良いだろう。しかし、もしも上手くいったらしめたものだ。その際は気分に応じて「フェーダー」を使い分け、聴こえ方を変えて楽しもう。

また、「トーンコントロール」も案外使える。「トーンコントロール」とは“バス(低音)”と“トレブル(高音)”の音量を個別に変えられる機能だ。つまりは「2バンドイコライザー」であるわけなのだが、バンド数は「2つ」しかなくても、以下のような使い方をすると有効だ。

音楽は、大きな音で聴いているときには高音と低音ははっきり聴こえるのだが、音量を下げていくと高音と低音のエネルギー感は中音以上に下がっていく。なので、音量を絞って音楽を聴いているときには、「トーンコントロール」の“バス”と“トレブル”をそれぞれ少しずつ上げてみよう。そうすると帯域バランスを整えられる。逆に音量を上げると高音が目立ち過ぎて耳に付くことがある。そのようなときには“トレブル”を下げるとバランスが良くなる。

ドア内部の“ビビリ”を緩和させるウラワザがある!?

そしてもう1つ、ドア内部の“ビビリ音”を緩和させるテクニックを紹介しよう。

もしも使用しているメインユニットに「サブウーファー出力」が備えられていたら、フロントスピーカーとサブウーファーとの「クロスオーバー」調整が可能となる。これを活用すると“ビビリ音”を緩和できるのだ。

まず、ドア内部の鉄板がビビる理由から解説していこう。鉄板をビビらせる原因はズバリ、低音だ。そしてドア内部の鉄板は案外薄い。であるので、大きな音で音楽を聴くと低音成分も多く出てきて、案外あっけなくドア内部の鉄板を共振させてしまうのだ。結果、ビビリ音が聞こえてきたり低音がマスキングされて音が曇ったりする。

それらを防ぐためには“デッドニング”を行うと良いのだが、“デッドニング”が未施工の場合には、“クロスオーバー”機能を使うことでそれを改善方向に持って行けるのだ。

“クロスオーバー”機能を活用すれば、フロントスピーカーに“ハイパス(ローカット)”を掛けられる。つまり、ドアスピーカーから発せられる低音のボリュームだけを下げられる。そうすることで共振の原因が減衰し、ビビリ音が少なくなるというわけなのだ。

もちろん、低音をカットし過ぎるとベースが聴こえづらくなったり音楽のパンチ力が弱まってしまうので加減が必要となるのだが、多少低音が弱まっても“ビビリ音”がしない方が音楽は聴きやすい。

ポイントとなるのは、“クロスオーバー周波数”の設定と“スロープ”の選択だ。カットラインをどこにするかと、減衰率をどうするかを上手く塩梅させながら調整しよう。もしも愛用のメインユニットに「サブウーファー出力」が備わっていたならば、ぜひともお試しを。

今回はここまでとさせていただく。次回も音質向上のための“もうひと手間”を紹介していく。お楽しみに。

《太田祥三》

この記事の写真

/

特集