メルセデスベンツ CLA 新型に頂点、306馬力の「AMG 35」…ニューヨークモーターショー2019で発表へ | Push on! Mycar-life

メルセデスベンツ CLA 新型に頂点、306馬力の「AMG 35」…ニューヨークモーターショー2019で発表へ

自動車ニュース
メルセデスAMG CLA 35 4MATIC
メルセデスAMG CLA 35 4MATIC全 21 枚拡大写真

メルセデスベンツは4月9日、米国で4月17日に開幕するニューヨークモーターショー2019において、メルセデスAMG『CLA 35 4MATIC』(Mercedes-AMG CLA 35 4MATIC)を初公開すると発表した。

同車は、新型『CLAクーペ』初の高性能なAMGモデルだ。先代の「45」ではなく、新型はメルセデスAMGが新たにシリーズ展開している「35」が登場する。

メルセデスAMGの35シリーズには、新型『Aクラス』(ハッチバック)がベースのメルセデスAMG『A35 4MATIC』、新型『Aクラスセダン』がベースのメルセデスAMG『A35 4MATICセダン』がある。メルセデスAMG CLA35 4MATICは、メルセデスAMGの35シリーズの第3のモデルとなる。

0~100km/h加速4.9秒、最高速250km/hの性能を可能にする最大出力306hpの2.0ターボ搭載

メルセデスAMG CLA35 4MATICのパワートレインは、「M260型」直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを、AMGがチューニングしたユニット。ツインスクロールターボチャージャーをはじめ、「CAMTRONIC」と呼ばれる可変バルブコントロール、高精度ピエゾインジェクター、マルチスパークイグニッションなどを採用する。特許技術の「CONICSHAPE」により、シリンダー内部の摩擦を低減し、効率も引き上げられた。これらの結果、この直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力306hp/5800rpm、最大トルク40.8kgm/3000~4000rpmを獲得する。

トランスミッションは7速デュアルクラッチの「AMGスピードシフトDCT 7G」。駆動方式は4WDの「4 MATIC」のAMGパフォーマンス仕様だ。前後の駆動トルク配分はFFを基本に、走行状況に応じて50対50の範囲まで変化する。0~100km/h加速4.9秒、最高速250km/h(リミッター作動)の優れたパフォーマンスを達成している。

パワーアップしたエンジンに合わせて、高性能ブレーキシステムを採用した。フロントが新開発の4ピストンモノブロック固定キャリパーと350mm径ディスク、リアがシングルピストンスライドキャリパーと330mm径ディスクの組み合わせ。ディスクは穴あきタイプで、シルバー塗装のキャリパーには、ブラックのAMGロゴが配される。

音声認識精度を向上させたMBUXを装備。フルデジタルコクピットも採用

メルセデスAMG CLA35 4MATICには、新世代のインフォテインメントシステム、「MBUX」(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)の最新版が搭載される。新型Aクラスから採用されたMBUXは、パワフルなコンピューター、鮮やかなスクリーンとグラフィック、カスタマイズ可能なディスプレイ、フルカラーのヘッドアップディスプレイ、AR(拡張現実感)を備えたナビゲーション、学習するソフトウェア、そして高精度な音声認識テクノロジーなどが特徴だ。

メルセデスAMG CLA35 4MATICのMBUXでは、音声アシスタントシステムが性能を引き上げ、他の乗員との会話に影響を受けないように改良された。最後に「ハイ、メルセデス」と発してシステムを起動した乗員の命令に、応答するシステムとした。3つのAMG表示スタイルを備えた完全デジタルインストルメントクラスターも採用される。

メルセデスAMG CLA35 4MATICには、「MBUXインテリアアシスト」をオプション設定する。MBUXインテリアアシストは、非接触モードで作動し、昼夜を問わず機能する。例えば、ダッシュボードのタッチスクリーンやセンターコンソールのタッチパッドに手を近づければ、画面のメニューを調整することができる。

また、「お気に入り機能」も採用されており、人差し指と中指をV字型に広げた状態で、センターコンソールに手をかざすことでアクセスできる。さらに車内の暗闇の中で、例えばルームミラーの方に手を伸ばすことによって、読書灯をつけたり消したりすることができる。また、ドライバーが暗闇の中で助手席に向かって手を伸ばすと、室内照明が自動的に点灯する。手を戻すとすぐに、照明は自動的に消える。

メルセデスAMGらしいスポーティな専用の内外装を採用

外観は、ツインルーバーを備えたフロントグリルとAMGライン仕様のフロントバンパーが特長だ。バンパーの空気取り入れ口のルーバーには、シルバークロームの装飾が施される。アルミホイールは、ツインスポークデザインの18インチが標準。オプションで19インチが選択できる。リアには、トランクスポイラーや左右2本出しの丸形テールパイプ、専用バンパーが装備される。

インテリアは、赤いコントラストステッチと赤いシートベルト、黒の「DINAMICA」マイクロファイバーを採用した。シートの素材には、人工皮革の「ARTICO」やブラック/デジタルグレーの「ARTICOマッドメイドレザー」が選択できる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

特集