ベントレー コンチネンタルGT 新型に「V8」、550馬力ツインターボ搭載 | Push on! Mycar-life

ベントレー コンチネンタルGT 新型に「V8」、550馬力ツインターボ搭載

自動車ニュース
ベントレー・コンチネンタル GT V8 コンバーチブル 新型とベントレー・コンチネンタル GT V8 新型
ベントレー・コンチネンタル GT V8 コンバーチブル 新型とベントレー・コンチネンタル GT V8 新型全 20 枚拡大写真

ベントレーは3月18日、新型『コンチネンタルGT V8』(Bentley Continental GT V8)と新型『コンチネンタルGT V8コンバーチブル』(Bentley Continental GT V8 Convertible)を欧州で発表した。

4.0リットルV8ツインターボ搭載。0~100km/h加速4.0秒、最高速318km/h

両車は、新型『コンチネンタルGT』シリーズに追加されたV型8気筒ガソリンエンジン搭載モデルだ。6.0リットルW12気筒ガソリンツインターボエンジン(最大出力635ps、最大トルク91.8kgm)搭載車に加えて、べントレーは新型コンチネンタルGTシリーズに、新たな選択肢を用意した。

パワートレインは、新世代の4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンだ。最大出力は550ps、最大トルクは78.5kgmを発生する。幅広い回転域で強大なパワーを発揮する。駆動方式は4WD。動力性能は、クーペが0~100km/h加速4.0秒、最高速318km/h。コンバーチブルは0~100km/h加速4.1秒の性能を実現する。

このエンジンは、特定の状況において、8気筒のうちの4気筒を休止することにより、燃費を向上させる。気筒休止は20ミリ秒でシームレスに行われる。停車直前に作動するストップスタートテクノロジーも採用される。

ダイナミックライドシステムでスポーツ性と快適性を追求

「ダイナミックライドシステム」を搭載。快適性と横方向のロールがコントロールされるため、乗員への不快な挙動が抑えられるという。エアサスペンションには、3チャンバーエアスプリングを採用。ドライバーが選択したモードに応じて、スポーツ走行向きの硬めのバネ設定から洗練された乗り心地まで、切り替えを行う。アクティブAWDシステムは、走行状況に応じて前後のトルク配分を変化させる。通常は可能な限り後輪駆動で走行する。

連続可変ダンピングコントロール(CDC)は、道路からの入力情報、車両の挙動、ドライバーの要求に応じて減衰力を調整し、最適な乗り心地とハンドリングを追求する。CDCは、車速を常に計測しながらコーナー毎に各ホイールと車体との距離を測定し、快適性と操縦性のバランスを最適化する。

新型コンチネンタルGT V8コンバーチブルではルーフにソフトトップを採用した。開閉にかかる時間は19秒で、50km/h以下なら走行中でも開閉できる。ソフトトップにはツイード仕上げをはじめ、7種類のファブリックカラーを用意している。オープン走行時に、首回りの快適性を高めるネックウォーマーを装備、シート、ステアリングホイール、アームレストにも、ヒーター機能が付く。

回転式ウッドパネルで12.3インチのタッチスクリーンが現れる

センターコンソールには、「ベントレー・ローテーションディスプレイ」がオプションで装備可能。エンジンを始動するとセンターコンソールのウッドパネルが回転して、ベントレー史上最大の12.3インチタッチスクリーンが現れる。このスクリーンは近接センサーが内蔵されており、指を近づけるとセンサーがそれを感知し、該当するアイコンがハイライト表示される。

ローテーションディスプレイの3つ目の面にはアナログメーターが3つ、外気温とコンパスとクロノメーターが設けられている。ローテーションディスプレイは、伝統のデザインを革新的に生まれ変わらせる手法だ。

最新の先進運転支援システム(ADAS)を採用する。アクティブレーンアシストやトラフィックジャムアシスト、パークアシストなど、先進運転支援システムを充実させた。LEDマトリクスビームヘッドランプは、マニュアル操作なしでメインビームを点灯させたまま走行できる。ライトは対向車のドライバーが眩しく感じることがないよう自動で調整され、高速道路、市街地や郊外に合わせて最適な状態を維持する。

《森脇稔》

この記事の写真

/

特集