カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! HONDA AccordTourer(オーナー・砥綿秀治さん) by  LEROY(ルロワ) 後編 | Push on! Mycar-life

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! HONDA AccordTourer(オーナー・砥綿秀治さん) by  LEROY(ルロワ) 後編

電球色のイルミを使ったデザインを施した砥綿さんのアコードツアラー。アーティストの存在を感じるリアルサウンドを作り上げて音の満足度も高い。製作ショップである愛知県のLEROY(ルロワ)が作り上げたコクピットのインストールを見ていこう。

カーオーディオ 特集記事
カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!!  HONDA AccordTourer(オーナー・砥綿秀治さん) by  LEROY(ルロワ) 後編
カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! HONDA AccordTourer(オーナー・砥綿秀治さん) by  LEROY(ルロワ) 後編 全 10 枚 拡大写真
電球色のイルミを使ったデザインを施した砥綿さんのアコードツアラー。アーティストの存在を感じるリアルサウンドを作り上げて音の満足度も高い。製作ショップである愛知県のLEROY(ルロワ)が作り上げたコクピットのインストールを見ていこう。

◆カーボンコーンやフェイズプラグを
美しく照らし出すイルミ処理

フルキッカーで組み上げられたアコードツアラー。個性的なインストールデザインに加え鳴りっぷりの良さにも大満足。

「フルキッカーで組み上げられたアコードツアラー。個性的なインストールデザインに加え鳴りっぷりの良さにも大満足。」

アウターバッフル化されるドアのミッドバス。バッフル面には人工スエードを使った処理と周囲のイルミが美しく映える。

「アウターバッフル化されるドアのミッドバス。バッフル面には人工スエードを使った処理と周囲のイルミが美しく映える。」

レザーで周囲をカバーして純正ドアとの違和感ないつながりを演出。ブラウン系のバッフルとカーボン系振動板のコントラストも美しい。

「レザーで周囲をカバーして純正ドアとの違和感ないつながりを演出。ブラウン系のバッフルとカーボン系振動板のコントラストも美しい。」

カスタム系のオーディオも経験してきたオーナーの砥綿さん。ラゲッジの個性的なデザインに加えて、フロントまわりのデザインにも徹底してこだわった。ただし派手さを追求したインストールではなく、上質で大人のムードを演出するデザインとしたのが特徴。コクピットまわりも、基本デザインはショップのセンスに任せた。

フロントのデザインでオーナーが特に気に入ってるのがLEDを使ったイルミ処理だ。フロントスピーカーにはキッカーの最高級2ウェイ・スピーカーであるQSをインストール。ドアにはミッドバスをアウターバッフルで取り付けているのだが、スピーカーグリルには電球色のLEDを使ってライトアップ。ブラウン系の人工スエードとブラックのレザーとの合わせ技を投入するデザインを施す。

イルミに照らし出されるキッカーのミッドバスは、カーボンファイバー・フォーム&ポリプロピレンのコーン素材に加え、アルミ削り出しのフェイズプラグが電球色のLEDに間接照明でライトアップされ一層高級感を増して見える演出となっている。

◆トゥイーターにアクリルリングを用い
透過光によるライトアップを演出

アクリルリングを使ったトゥイーター処理。電球色を使ったライティングカスタムが見どころだ。

「アクリルリングを使ったトゥイーター処理。電球色を使ったライティングカスタムが見どころだ。」

ピラーを加工してトゥイーターをビルトインしたデザインもスマート。イルミ処理との組み合わせで見せる効果も満点。

「ピラーを加工してトゥイーターをビルトインしたデザインもスマート。イルミ処理との組み合わせで見せる効果も満点。」

コクピットの見どころとなったのはオーナーも気に入ってるトゥイーターとミッドバスのイルミ処理。

「コクピットの見どころとなったのはオーナーも気に入ってるトゥイーターとミッドバスのイルミ処理。」

コクピットで見せるカスタムを施したもうひとつのポイントがAピラーだ。ドアのアウターバッフルに施したLEDによるイルミ処理をここでも採用。アンバー色で落ち着いたイルミカラーが派手さを抑えつつ、しっかりとトゥイーターをアピールするデザインとした。

キッカーQSのトゥイーターをAピラーにビルトインするスタイリッシュな取り付けを実施。周囲は反射の影響を抑えるために切り欠き処理を施され、サウンド面&デザイン面でもスマート。さらにトゥイーターの周囲にはアクリルリングを設置して、背面にLEDを埋め込む構造でアクリルを通じた間接照明を用いる。ここでも電球色を使って大人のムードを演出。ブラック&シルバーのキッカーのトゥイーターに似つかわしいシックなライティングを施した。

このようにコクピットにはAピラー、ドアのアウターバッフルと共通したカラーリングのライティング処理によってインテリアの統一感を引き出したのも特徴。オーナーがコクピットでいちばんのお気に入りポイントとしてあげている「スピーカーとトゥイーター周囲のLED処理」はこうして完成した。

◆パワフルサウンドもしっかりこなす
鳴りっぷりの良いシステムに満足

ヘッドユニット、DSPとして大活躍するのがダイヤトーン・サウンドナビNR-MZ100PREMI。

「ヘッドユニット、DSPとして大活躍するのがダイヤトーン・サウンドナビNR-MZ100PREMI。」

スマートフォンに保存してある曲も分け隔てなく車内で楽しむ。多彩な楽曲を車内で楽しむのもオーナー流だ。

「スマートフォンに保存してある曲も分け隔てなく車内で楽しむ。多彩な楽曲を車内で楽しむのもオーナー流だ。」

フルカスタムも経験したことがあるオーナーの砥綿さん。“インストールにはこだわった”と言うだけにデザインも秀逸な仕上がり。

「フルカスタムも経験したことがあるオーナーの砥綿さん。“インストールにはこだわった”と言うだけにデザインも秀逸な仕上がり。」

スピーカー、サブウーファーからパワーアンプまでをフルキッカーでまとめたオーナー。普段はおとなしく音楽を楽しんでいるが、ここイチバンではフルボリュームで楽しむこともあるという。「そんな時キッカーは鳴りっぷりも良くって最高なんですよね。ハイファイサウンドはもちろん、パワフルなサウンドも両立しているところが気に入ってます」。

ヘッドユニットにチョイスしたのはダイヤトーン・サウンドナビのNR-MZ100PREMI。調整機能を駆使して各チャンネルのコントロールを一手に引き受ける。もちろん音楽プレイヤーとしてもフル活用。ヘビーローテーションで聴いている安室奈美恵をはじめ、多ジャンルの曲を幅広く楽しんでいる。そんな多彩なサウンドに対応するのもこのクルマのオーディオの良いところだという。

「サウンド面で気に入っているのはアーティストがすぐそばにいる感覚を味わえるリアルな音です。デザインもサウンドも満足度の高いクルマに仕上がったと思っています」。
クルマを停車して目を閉じて大好きな音楽を聴いていると、リアルにアーティストの存在を感じられるサウンド。ここに高音質オーディオの心地良さを感じているオーナー。個性的なデザインを施した上で、そんなとびきりのサウンドまでを手に入れて,ますますオーディオとの付き合いを深めていくオーナーだった。

《土田康弘》

この記事の写真

/

特集