メルセデスAMG GT 4ドアクーペ など、2019ワールドパフォーマンスカーの第2次選考 | Push on! Mycar-life

メルセデスAMG GT 4ドアクーペ など、2019ワールドパフォーマンスカーの第2次選考

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は2月5日、「2019ワールドパフォーマンスカーオブザイヤー」の第2次選考5車種を発表した。

自動車 ニュース
BMW M2コンペティション
BMW M2コンペティション 全 5 枚 拡大写真
ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は2月5日、「2019ワールドパフォーマンスカーオブザイヤー」の第2次選考5車種を発表した。

ワールドパフォーマンスカーオブザイヤーは、2017年秋から2018年秋にかけてデビューした新型車の中から、最も動力性能に優れるモデルを選出するもの。

条件は、2019年春まで生産と販売を継続しており、世界2大陸以上で販売していること。欧州専用車、北米専用車、日本専用車などは選考対象から外される。世界20か国以上、およそ85名のジャーナリストが、投票を行う。

2019ワールドパフォーマンスカーオブザイヤーの第2次選考5車種は、以下の通り。

●アストンマーティン・ヴァンテージ
●BMW M2コンペティション
●ヒュンダイ・ベロスターN
●マクラーレン720S
●メルセデスベンツAMG GT 4ドアクーペ

日本メーカーからの選出はなく、欧州メーカーが主流だ。アストンマーティンからは新型『ヴァンテージ』、BMWからは『M2コンペティション』、マクラーレンオートモーティブからはマクラーレン『720S』、メルセデスベンツからはメルセデスベンツ『AMG 4ドアクーペ』が選出された。残りの1台は韓国メーカーで、新型ヒュンダイ『ベロスターN』となる。

2019ワールドパフォーマンスカーオブザイヤーは2019年4月、米国で開催されるニューヨークモーターショー2019で発表される予定だ。前々回はポルシェの新型『ボクスター』/『ケイマン』、前回は新型BMW『M5』が受賞している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

特集