トヨタ シエンタ 改良新型、2列シート車を新設定 MTB 2台搭載可能 | Push on! Mycar-life

トヨタ シエンタ 改良新型、2列シート車を新設定 MTB 2台搭載可能

トヨタ自動車は、コンパクトミニバン『シエンタ』をマイナーチェンジ、2列シート車を新設定し、9月11日より販売を開始した。

自動車 ニュース
トヨタ シエンタ改良新型
トヨタ シエンタ改良新型 全 22 枚 拡大写真
トヨタ自動車は、コンパクトミニバン『シエンタ』をマイナーチェンジ、2列シート車を新設定し、9月11日より販売を開始した。

今回のマイナーチェンジでは、3列シート車(6人または7人乗り)に加えて、アウトドアや車中泊に最適な2列シート車(5人乗り)「ファンベースX」「ファンベースG」を新設定した。2列目シートを倒すことで、フラットかつ最大荷室長2065mmの大容量ラゲージを実現。26インチのマウンテンバイク2台を積載できる。またデッキサイド両側には、ユーティリティホールを9個ずつ用意。ディーラーオプションのユーティリティフックやシステムバーと組み合わせることで、さまざまなアクティビティに対応した荷室の使い方ができる。

また安全機能も強化を図った。アクセルとブレーキを踏み間違えた時などに、障害物を検知して自動でブレーキをかける「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ<静止物>)」を新設定したほか、歩行者(昼間)検知機能を追加した「トヨタ セーフティ センス」を設定。さらに車両を上から見たような映像をナビゲーション画面に表示するパノラミックビューモニターをオプション設定した。

エクステリアでは、フロントバンパー、フロントグリル、ヘッドランプ、リヤランプ、ホイールキャップの意匠を変更し、「Fun & Active」な世界観を進化。ボディカラーはツートーン全6色を新設定、モノトーンは新色ベージュなどを含む全10色を設定した。

そのほか、利便性を高める装備も拡充。パワースライドドア予約ロック機能(スマートロック操作)を新設定したほか、後席への荷物の置き忘れを通知する、リヤシートリマインダーを日本初採用。後席ドアの開閉でシステムが作動し、走行後、車両を停車しイグニッションをオフにすると、マルチインフォメーションディスプレイに荷物置き忘れ防止の通知メッセージを表示する。

価格は177万6600円から253万2600円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

特集