三菱デリカD : 5次期型、最後の独自プラットフォームで11年目の大刷新へ | Push on! Mycar-life

三菱デリカD : 5次期型、最後の独自プラットフォームで11年目の大刷新へ

自動車 スクープ

三菱 デリカ D : 5 スクープ写真
三菱 デリカ D : 5 スクープ写真 全 12 枚 拡大写真
三菱の人気ミニバン、『デリカD : 5』次期型プロトタイプを鮮明にカメラが捉えた。以前スウェーデンで捉えた開発車両は一部ダミーパーツが使われていたが、今回は市販型パーツを装着していると見られる。

2007年1月にデビューした現行モデルから11年、満を持してのフルモデルチェンジとなる。ドイツ市街地で捉えたプロトタイプは、前後をマスクで偽装しているが、薄型でシャープなヘッドライトや大型フォグランプを備える、アクティブな「ダイナミックシールド」コンセプトが見て取れる。またリアビューでは、現行型と異なる、S字に光るテールライトも確認出来る。

次期型プラットフォームには、ルノー日産アライアンスとプラットフォームを共有すると見られていたが、三菱オリジナルのものを採用する可能性が高いようだ。但し、今後はパワートレインを含めて共有化が加速すると見られ、「デリカ D : 5」にとってこれが最後の独自プラットフォームとなると思われる。

駆動方式はFFから後輪に駆動力を配分する「電子制御4WD」をベースにした「S-AWC」を採用すると共に、「アクティブ・ヨー・コントロール」システムにより、オン・オフロードで高い走破性を実現する。

パワートレインは、8速ATと組み合わされる2.2リットル直列4気筒ディーゼルターボエンジンで最高出力は170ps、最大トルク392Nmを発揮する。 また『アウトランダー』から流用される、PHEVシステム搭載モデルのラインアップも予想されている。

三菱は2020年度までに11車種のモデルチェンジを計画しており、新型「デリカD:5」目玉の一つになるだろう。新型デビューは2018年末が有力だ。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集