瀬戸内で繰り広げられた和気あいあいのカーオーディオ交流会『中四国オートサウンドフェス』。注目車両を詳細リポート!<後編> | Push on! Mycar-life

瀬戸内で繰り広げられた和気あいあいのカーオーディオ交流会『中四国オートサウンドフェス』。注目車両を詳細リポート!<後編>

カーオーディオ 特集記事

瀬戸内で繰り広げられた和気あいあいのカーオーディオ交流会『中四国オートサウンドフェス』。注目車両を詳細リポート!<後編>
瀬戸内で繰り広げられた和気あいあいのカーオーディオ交流会『中四国オートサウンドフェス』。注目車両を詳細リポート!<後編> 全 34 枚 拡大写真
5月21日に、愛媛県・しまなみ海道道の駅 多田羅しまなみ公園西側駐車場にて開催された『中四国オートサウンドフェス』のリポートの後編をお届けする。当サイトの登録店から参加した注目車両5台の、見どころと聴きどころを詳細にリポートしていく。

ホンダ・レジェンド(オーナー/舛井孝充さん)by M.E.I.

ホンダ・レジェンド(オーナー/舛井孝充さん)by M.E.I.
ホンダ・レジェンド(オーナー/舛井孝充さん)by M.E.I.ホンダ・レジェンド(オーナー/舛井孝充さん)by M.E.I.ホンダ・レジェンド(オーナー/舛井孝充さん)by M.E.I.ホンダ・レジェンド(オーナー/舛井孝充さん)by M.E.I.ホンダ・レジェンド(オーナー/舛井孝充さん)by M.E.I.ホンダ・レジェンド(オーナー/舛井孝充さん)by M.E.I.
16年という長きにわたってこのレジェンドに乗っている舛井さん。昨年、クルマをレストアするのを機会に、カーオーディオシステムもガラリと変更したとのことだ。新しくしたのはプロセッサーとスピーカー。具体的には以下のようなユニットレイアウトとなっている。メインユニットがマッキントッシュのCDプレーヤーとアルパインのナビ。CDを聴くときは前者を、USBで聴くときには後者を使っている。プロセッサーにはヘリックスのDSP PROを使用し、パワーアンプにはビーウィズのモデルを計7台投入している。そしてフロントスピーカーにはモレル、サブウーファーにはMBクォートを採用している。その音は躍動感が満点で、ダイナミック。密度感の高さも好印象だった。


トヨタ・プリウス(オーナー/戸田恵介さん)by ジパング

トヨタ・プリウス(オーナー/戸田恵介さん)by ジパング
トヨタ・プリウス(オーナー/戸田恵介さん)by ジパングトヨタ・プリウス(オーナー/戸田恵介さん)by ジパングトヨタ・プリウス(オーナー/戸田恵介さん)by ジパングトヨタ・プリウス(オーナー/戸田恵介さん)by ジパングトヨタ・プリウス(オーナー/戸田恵介さん)by ジパング
イベントの2週間前に完成したというプリウスで参加した戸田さん。イベントにエントリーするのはこれが初、とのことだった。なんでも約5年前からDIYでライトにカーオーディオを楽しんでいたのだが、友人の紹介でジパングを知り、この度初めてプロショップでオーディオを組んだ。その音には大満足していて、今後もコツコツとシステムアップを重ねていきたいと、意欲に燃えていた。現在のシステムは、メインユニットがアルパインのナビ、そこにヘリックスのプロセッサーを組み込み、パワーアンプにはアークオーディオとキッカーを採用している。そしてスピーカー群がカロッツェリアだ。聴いてみるとワイドレンジなサウンドが眼前に広がっていた。透明度の高さにも特長があった。

BMW・F30 320i(オーナー/篠浦由樹さん)by サウンドカーペンター

BMW・F30 320i(オーナー/篠浦由樹さん)by サウンドカーペンター
BMW・F30 320i(オーナー/篠浦由樹さん)by サウンドカーペンターBMW・F30 320i(オーナー/篠浦由樹さん)by サウンドカーペンターBMW・F30 320i(オーナー/篠浦由樹さん)by サウンドカーペンターBMW・F30 320i(オーナー/篠浦由樹さん)by サウンドカーペンターBMW・F30 320i(オーナー/篠浦由樹さん)by サウンドカーペンターBMW・F30 320i(オーナー/篠浦由樹さん)by サウンドカーペンター
カーオーディオを始めて約10年、という篠浦さん。このクルマは3台目のオーディオカーとのことだ。システムは2年前に概ねが完成していて、昨年の夏、そこにキャパシターを投入し今の仕様になったという。使用ユニットは以下のような顔ぶれだ。メインユニットがカロッツェリアX、プロセッサー、パワーアンプにも同様にカロッツェリアXを使っている。フロント3ウェイスピーカー+サブウーファーも、カロッツェリアのハイエンドスピーカー、1000RSシリーズで統一。ずっと聴いていたくなるサウンドを目指しているとのことだった。運転席に座り音楽を流すと、ステレオイメージが至って正確で音像が立体的。かつ、音色的にもリアル。臨場感の高いサウンドを満喫できた。


フォルクスワーゲン・ゴルフ6(オーナー/小林正一さん)by トゥルース

フォルクスワーゲン・ゴルフ6(オーナー/小林正一さん)by トゥルース
フォルクスワーゲン・ゴルフ6(オーナー/小林正一さん)by トゥルースフォルクスワーゲン・ゴルフ6(オーナー/小林正一さん)by トゥルースフォルクスワーゲン・ゴルフ6(オーナー/小林正一さん)by トゥルースフォルクスワーゲン・ゴルフ6(オーナー/小林正一さん)by トゥルースフォルクスワーゲン・ゴルフ6(オーナー/小林正一さん)by トゥルース
小林さんはゴルフ6で参加した。このクルマのシステムレイアウトは以下のとおりだ。メインユニットがダイヤトーン サウンドナビ、パワーアンプにはグラウンドゼロをチョイスし、フロントスピーカーにはRSオーディオのマスター2を採用している。そしてサブウーファーがグラウンドゼロ、という陣営だ。完成したのは今年の5月。クルマを新しくして、前のクルマからすべてのユニットを移植して仕上げた(ケーブル類は新調している)。小林さんはこのスピーカーの性能に惚れ込んでいて、2ウェイでどこまでいけるかにトライ中とのことだ。聴いてみると、1音1音の輪郭がシャープで、各楽器の音がはっきりと分離している。低音のエネルギー感にも魅力があふれていた。


ホンダ・N-BOX(オーナー/越智 一さん)by Kサウンド

ホンダ・N-BOX(オーナー/越智 一さん)by Kサウンド
ホンダ・N-BOX(オーナー/越智 一さん)by Kサウンドホンダ・N-BOX(オーナー/越智 一さん)by Kサウンドホンダ・N-BOX(オーナー/越智 一さん)by Kサウンドホンダ・N-BOX(オーナー/越智 一さん)by Kサウンドホンダ・N-BOX(オーナー/越智 一さん)by Kサウンドホンダ・N-BOX(オーナー/越智 一さん)by Kサウンド
越智さんは、1か月前に完成したN-BOXで参加した(写真に写っているのは、ご友人の娘さんである菜緒さん)。越智さんは、デジタルプロセッサーを用いないアナログシステムの音にこだわっている。システムレイアウトは以下のとおりだ。メインユニットがナカミチのチューナー。その外部入力にiPodを接続している。そこにナカミチのchディバイダーを接続しクロスオーバーをかけ、信号をパワーアンプに送り込む。使用アンプは、REオーディオ、モスコニ、デジタルデザイン。そしてスピーカー群にもデジタルデザインをチョイス。各ユニットの本来の音を聴きたい、とのことだった。そのサウンドにはエネルギー感がほとばしり、低音のパンチ力にもこのクルマならではの良さがみなぎっていた。

《太田祥三》

この記事の写真

/

特集