【プロショップ訪問記】La Luz<ラ・ルース>(福井県): 20年の経験から高みのある音創りを会得 オーディオの楽しさ伝える老舗ショップ | Push on! Mycar-life

【プロショップ訪問記】La Luz<ラ・ルース>(福井県): 20年の経験から高みのある音創りを会得 オーディオの楽しさ伝える老舗ショップ

【La Luz<ラ・ルース>(福井県)】20年の経験から高みのある音創りを会得 オーディオの楽しさ伝える老舗ショップ

カーオーディオ ショップ訪問記
【プロショップ訪問記】La Luz<ラ・ルース>(福井県)
【プロショップ訪問記】La Luz<ラ・ルース>(福井県) 全 1 枚 拡大写真


【La Luz<ラ・ルース>(福井県)】20年の経験から高みのある音創りを会得
オーディオの楽しさ伝える老舗ショップ



まだまだ厳しい暑さが続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。先月末、北陸のラ・ルースさんに伺いしました。ラ・ルースと言えばビーウィズなどのコンテストに向けたデモカー製作、拘りのユーザーカーを多数手掛け、全国に名を馳せる有力店で1991年に創業。北陸自動車動・福井I.C.から約10分、福井市郊外の静かな住宅の一角にある。




La Luz<ラ・ルース>(福井県)





代表の米田宗司さんは販売からインストール全般まで一人で腕をふるってくれるエキスパートで、創業から20年の経験と鋭い音の感性を身につけ、妥協をしない音創りをモットーに、国産からインポートカーまで幅広く対応。ちょっとしたリクエストでも笑顔で迎えてくれるので心配無用である。




(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)



La Luz<ラ・ルース>(福井県)#1

La Luz<ラ・ルース>(福井県)#2





店内に入るとオーディオ製品の展示とディスプレイ(試聴機)があり、その隣は2台のクルマが余裕に入るピットスペース及び工作室を完備。取扱いメーカーは国産各社とインポートブラント、特に音質に拘ったモノ選びに余念がない。ディスプレイでは、ビーウィズ、カロッツェリア、ダイヤトーン、ブラックスのアンプほか、デモカーではDS-G50の試聴ができる。




(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)



La Luz<ラ・ルース>(福井県)#4

La Luz<ラ・ルース>(福井県)#5





またインテリアの質感向上のため、数ヶ月前「フロッキーコーティング」マシンを導入。「フロッキーコーティング」とは高級車のピラーなどに採用されている植毛塗装のことでソフトな触感に優れ、8種類の基本色を混ぜ合わせることで好みのカラーを生み出すことができる。ベースはプラスチック系はもちろん、金属、木材、ビニールやゴムなど、柔らかい素材でも可能という。例えばAピラー(両サイド)のコーティング塗装代は12,000円から。幅広い製品に用いられるのでオリジナルな演出にぴったりだ。ぜひとも積極的に取り入れて上質な質感に拘ってほしい。




La Luz<ラ・ルース>(福井県)





(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)



La Luz<ラ・ルース>(福井県)#7

La Luz<ラ・ルース>(福井県)#8





取材当日、デモカーのプリウスは点検中ということで試聴はできなかったがシステムアップを進めている最中という。パワーアンプの換装に着手。ブラックスのE400esprit(MOS-FETと真空管)ハイブリット式や新しいヘッドユニットの搭載を検討中とか。まだ手探りの状態なので、もう暫くかかるようだ。同ショップのブログで確認してほしい。



純正の音質アップからナビやDEH-P01を使ったシンプルなセット、総じてコストパフォーマンスに優れたお薦めセットを提案してくれるので予算がチョットと思案しているなら出向いて相談してほしい。もちろん高みを目指すハイエンドユーザーも歓迎である。経験に裏打ちされたノウハウをもって高音質、的確な音場をクリエイトするラ・ルース。福井だけでなく、他県からのアクセスも良好なので気軽に足をは運んで米田さんと語りあっていただきたい。

《永松巌》

この記事の写真

/

特集