【プロショップ訪問記】Soundstage<サウンドステージ>(香川県): ユーザーのクルマにマッチしたサウンドをプロデュース | Push on! Mycar-life

【プロショップ訪問記】Soundstage<サウンドステージ>(香川県): ユーザーのクルマにマッチしたサウンドをプロデュース

カーオーディオショップ訪問記
【プロショップ訪問記】Soundstage<サウンドステージ>(香川県)
【プロショップ訪問記】Soundstage<サウンドステージ>(香川県)全 1 枚拡大写真

皆さんお久しぶりです。ライターの永松です。今回は、四国高松市に新しくオープンしたサウンドステージさんをご紹介します。

同店は、高松市内から国道11号、松山方面に向かい約20分のところに位置し、(徳島方面からの高速アクセス>高松檀紙を降りる)(愛媛方面からの高速アクセス>高松西を降りる)写真でご覧のように大きなお店です。


サウンドステージさんはカーオーディオの専門ショップというカタチにとらわれず、新車・中古車及び輸入車、ドレスアップ各パーツの販売と手広く展開。赤い看板が目印で、10台以上駐車スペースを有し、専用ピットも店内も広々としているのが印象的でした。


サウンドステージ(香川県)




(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)



サウンドステージ(香川県)#1

サウンドステージ(香川県)#2

サウンドステージ(香川県)#3



四国高松と言うと、カーオーディオ専門訪問記で以前にレポートしたベビースターさんを思い浮かべる人も多いはずだろう。実はマネージャーの藤川さんは、ベビースターで腕を振るったエキスパートで心機一転とサウンドステージを立ち上げた。カーオーディオフリークだけでなく、たくさんのお客さんにカーオーディオの愉しさ、クルマの楽しさを広めたいと言う。オープンして、まだ1ヶ月となるが取り付けスケジュールも順調で、専任インストーラーが環境の整ったピットで作業を行なっていた。


サウンドステージ(香川県)



さて、マネージャーの藤川さんに今年の動向とカーオーディオの音創りについて質問してみた。


サウンドステージ(香川県)


先ずは、毎年恒例のオートサウンドコンテストを4月19日に開催します(※詳しくは、HPをご覧下さい)。


今回は、評論家の小林貢先生、井上千岳先生にお願いをして、コンペティションという審査だけでなく、長年オーディオに携わって来たキャリアからお言葉や印象をいただけたらと思っています。毎年、審査員については、同業界の諸先輩にお願いをすることが多いのですが、ホームオーディオとカーオーディオに精通している先生にお願いするのは、今回初めてで、コンテストの募りも現時点で確かな手応えがあります。


サウンドステージ(香川県)



とっても楽しみなコンテストになりそうですね。マイカーライフも昨年同様に、今回もチロルの森で開催されるコンテストを取材しますので宜しくお願いします…


新しいお店となったことで、どんなお客さんに来てほしいですか?

そうですね…先ず大きなお店に変わり、今まで以上様々なお客さんにカーオーディオの素晴らしさを知ってほしいと思います。カーオーディオと言えば、大きなアンプ等(機材)を載せて派手な作り込みという印象があるかもしれませんが、そうゆう作り込みのデザインは少しずつ減る傾向かも知れません。これからの方向性は実用性に富み見栄えがよく、使い易い、音がいいというのがポイントになると思います。そしてハイファイユーザーに向けてのメディア環境は、CDからMM-1(コンパクトフラシュ)といったところにシフトするでしょう。パソコンでお気に入りの楽曲を編集して、クルマの中で聴く。もちろんiPodもその範囲内の便利なツールですが。コンパクトフラッシュやメモリーメディアそのものも安くなってきたので、パフォーマンス度もアップした感があります。しかし、忘れてはならないのは、いくら音の入り口の情報量が増して使い易くなったとしても、現状のクルマ環境は多難で、特にドアスピーカーの音作りは問題が多いと言えます。しっかり取り付けるだけでなく、個々の環境にふさわしい音創り(調整を含む)が施されていなければ、本末転倒ですね。シンプルに始めるなら、純正スピーカーから、ステップアップを目指して良いスピーカーへの交換、デッドニング、インナーバッフルの施工等は当たり前でしょう。


サウンドステージ(香川県)


本格的にカーオーディオを楽しみたいなら、クルマ選びから、考えたほうが早道ですね。ムダなお金を使うこともないと思います。長年カーオーディオに携わってきて、このクルマは取り付けがしやすい。このクルマは音が良いというデーターを感覚も含め持ち備えています。サウンドステージでは、本格的にカーオーディオを楽しむお客様に、クルマの販売を含めた低金利ローンでの購入をお勧めしています。システムアップやブランド(メーカー)の載せ替えばかりをして、最終的に良い音に辿りつけず、諦めるという人もいるでしょう。そんなことのないようにクルマ選びは、オーディオフリークにとって大切な用件と言えます。

ユーザーのクルマにマッチしたサウンドをプロデュースするサウンドステージの藤川さん。音は正直なもの。モノを見極め、良い音創りに日々余念がない。職人技を感じさせるエキスパートである。

《永松巌》

この記事の写真

/

特集